プロに遺品整理を依頼しよう【サービス完ぺき】


Funeral

形が変化している

家族葬という葬儀について

日本では家族をはじめ、親戚や友人知人、会社関係など故人と親交のあった方だけでなく、遺族と関わりのある多くの方が葬儀に参列します。こうした葬儀は一般葬と呼ばれまれ、現代でも執り行われる葬儀の大半がこの一般葬です。これに対し、家族だけで故人を見送る家族葬という葬儀もあります。 家族葬の大きなメリットは、会葬者の対応やその気配りなどがいらないため、遺族の負担が精神的にも肉体的にも軽くなるという点です。その分、故人をしのぶ時間をゆっくりと持つことができます。一方で、参列をお断りする方が当然出てきますので、家族葬を行う旨を記した文書を用意する必要があります。中には事後報告としてはがきを用意する方もいますが、親戚にはそうはいきません。亡くなられた後ではお互い通常の精神状態ではないこともありますので、できれば生前から家族葬にしたい旨を相談しておくとよいでしょう。葬儀準備が非常にスムーズになります。

費用面でも大きなメリットが

家族葬には経済的なメリットもあります。一般葬に比べ費用を抑えることができるのです。そもそも、葬儀費用は棺・霊柩車・祭壇のランクによって変動する部分と、人数によって変動する部分とがあります。人数が多いほど、高額な広い会場が必要ですし、返礼品や料理の費用も高くなるのです。人数の少ない家族葬は単純計算でも費用が節約できますし、質素な設備で行うケースが多いことでより低価格を実現できるといった側面もあります。 最近では経済的な理由で家族葬を選択する方が増えていることもあり、葬儀各社が格安での家族葬プランを用意しています。中には15〜20万円程度で葬儀を可能とするところもあり、低価格の定番ともなりつつあるのです。