プロに遺品整理を依頼しよう【サービス完ぺき】


Funeral

利点がある

永代供養を利用するメリット

近年の都市部への人口の一極集中や核家族化の進行がもたらした変化のひとつに、死後の弔い方の変化といったものを挙げることができます。日本では、死後には葬式を行なった後に、先祖代々の墓地へと納骨をすることが一般的な供養の仕方でした。しかし近年、いわゆる田舎から離れた生活を送る世帯が増えたことで、先祖代々の墓地へと納骨をするのではなく、永代供養という弔い方を選択する方の数が増加傾向にあるのです。永代供養とは、それを行なっている霊園などの僧侶によって、文字通り永代に渡って供養をしてもらうことが可能な方法となっています。誰にも弔われることのない無縁仏になってしまう心配をする必要がない弔われ方であり、また費用も申し込み時に支払った費用だけで済むため、継続的な出費の心配もない方法となっています。いわゆる田舎がない方が増えた現代の日本人によって、積極的に選択され始めた供養方法なのです。

数を増やす利用可能な霊園

永代供養という選択肢は近年のトレンドでもあるため、これを実施している大規模な霊園などの数は、近年になってますます増加の一途を辿っています。先祖代々の墓がある場所から離れた場所に生活基盤を置いている方が、両親の死などに伴ってお骨の移動をする、いわゆる改葬をする際の選択肢として、この永代供養を実施している霊園に納骨をするといった需要も、増加傾向にあります。こういった需要は、今後ますます増加していくことが予想されています。現代的な生活を送る世帯にとって、今後ますます見逃すことができない供養方法と言うことができるでしょう。また近年流行している終活において、この永代供養を自ら選択するといった方々も増加傾向にある点も、覚えておきたいポイントになっています。