プロに遺品整理を依頼しよう【サービス完ぺき】


Funeral

コストを下げる

全体的な費用の傾向について

人が亡くなると通夜・葬儀が執り行われます。喪主あるいは喪家となることは人生でそう何度もあることではないため、知らない方が多いのですが、葬儀には様々な費用がかかります。一般的な葬儀でも、200万円近い費用がかかることは珍しいことではないのですが、近年ではこうした費用は縮小傾向にあります。 近年の大きな特徴として、葬儀に費用をかけたくない・費用を抑えたいという方が増えています。地域によって差がありますが、全体平均で見ても130万円〜150万円程度というケースも増加しています。葬儀の費用を抑えるには、霊柩車や棺、祭壇などをランクの低いものにし、全体的に簡素化することも一つですが、家族葬など規模の小さい葬儀にすることでも費用をおさえることは可能です。

小規模での葬儀が増加傾向に

日本では古くから共同体による葬儀が一般的で、家族や親戚、友人知人をはじめ近所の方々など多くの方が参列する葬儀が一般的でした。しかし、時代の変化とともに核家族化が進み、人付き合いも減っていったことから近年では小規模でのお葬式となることも少なくはありません。加えて、先述したように費用を節約したいとの希望から小規模で実施することをのぞむ方も増えています。 小規模で執り行う葬儀の代表例として挙げられるのが家族葬です。近年では、各葬儀社で格安で執り行えるプランとして家族葬を取り上げているところも多いのが実情です。そのため、費用面を重視している方にも家族葬の人気が高まっています。こうした流れは今後も続くとみられていて、平均的な費用も下落するとみられています。