アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年3月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
仕事が捗る内装になっているか

明るい応接室

仕事場が道のような配置になっていて何人の社員で利用するか等で仕事を捗らせる工夫を行う部署が総務部の仕事でもあります。
インテリアをどのような配置で行うかも含め、事務系、技術系等会社の方針に沿ったものを揃えておくことが大切と言えます。
まず照度との関係で、南向きか北向きのどちら向きのオフィスなのかも重要ポイントであり、南向きなら太陽光線を遮ることを考慮したサッシと光線ガードを考える必要があります。
効率よく仕事するには北向きが向いているのですが、そこは内装でカバーできる部分でもあります。
また見た目に爽やかな印象を残す観葉植物を置く手もあります。
インテリアとして最近はやりのLEDを利用した照明器具利用することで仕事の効率アップと社員の健康面を考慮することが重要な時代となってきています。

照度の問題は仕事効率に最重要ポイントでもありますが、さらに大事なポイントは女性社員を大切にした環境になっているかです。
女性社員の明るさの無い会社は、どこか錆びれた感があり暗いイメージを作ってしまうので女性の感性に合う机と椅子に拘ってみるのも大切な1面です。
社員服も社内インテリアにあったものみデザインしてみて会社の社風と会うようにすれば訪れる得意先にも良い印象を与え商談成立への第一印象UPに繋がることになります。
活き活きとした事務所雰囲気は、営業窓口である玄関口にこそ生かすべきであり、そこに会社の商品を一望できるカタログスタンドを訪れる方の目に留まりやすい位置で玄関口を狭く見せない工夫ができればほぼ完ぺきと言えます。

まとめるといかに活き活きとした事務所作りをオフィスのハードと人というソフトを通して見せることができるかに係ってきますので、デザイン感覚を見失わないだけの観察力があれば、なにもプロを入れてまでお金をかける必要はないのです。
位置配置を照度との関係で考え机の上は、常に一定程度の明るすぎず暗すぎないものとして、日中から夜にかけて照度変更可能な最近のLED照明を取り入れることと、女性社員の服装をオフィスのイメージに合わせることまた社風と会うデザインに仕上げることが最大の工夫の見せ所です。
そして何より会社を表現してくれる商品を飾るカタログスタンドを玄関口が狭くならない程度に目に付きやすい位置にする工夫が客を呼ぶ会社となります。

オススメリンク

必要に応じた利用

自社の製品をアピールすると言う点においてカタログスタンドはまさに打って付けであり、カタログ類を並べた姿は見た目的にもインパクトのある物になります。
とは言っても用い方を間違えてしまうと見Read more

企業のあり方

一昔前まではある意味で道具はそれ以上の価値を見出されずにいた事は確かであり、それはオフィスのあり方に付いても同様であった事も少なからず考えられて来た事です。
しかし女性の社会への進出と言Read more

費用について

カタログスタンドはパンフレットなどを置くことに使えますが、オフィスインテリアとしても利用することが出来ます。
そこで、この商品の平均価格傾向はどのくらいであるかを調べていきます。
Read more

意味を持つもの

広告代理店や旅行会社などのオフィスでは、インテリアとしてカタログスタンドが設置されていることがあります。
そこでこれとよく似た性質や意味を持つ商品には、他にどのような物があるかを紹介してRead more

関連リンク